« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ホテルランチ

職場の人とホテルランチ。



今回はわたしオススメの、



「ホテルニューオータニ」の
サンドウィッチ&スイーツビュッフェへ。

Img_2237

麹町の駅を出たら、警察車両がいっぱい。



どうやらホテルにVIPが来るようで、議員宿舎前とホテル入り口は検問体制。
警察犬まで出てた。館内もSPだらけで物々しい雰囲気^^;




一口サイズの色とりどりのサンドウィッチは、目にも楽しい。
わたしはここがお気に入りで、年に2回は来る。



久々に来たら値上がりしてて、人気ゆえに開始30分前から席の案内をしてた。
窓際の席ではなかったけれど、一面ガラス張りの店内は明るくて開放的。



平日だから満席まではいかず、ゆっくりできておいしかった~。
食べすぎ&コーヒー飲みすぎで胃薬飲んだけど・・・。







その昔、ここでも2年間働いていた。



夜勤が月に5,6回あるセクションで、
日勤でも終わる時間が22時30分とかだった。


今思うと、やっぱり若かったからできたんだなぁ^0^;



2段式のカプセルベッドが懐かしい。


夜勤明けにみんなで飲みに行って、電車で寝過ごして反対電車に乗ってまた寝過ごして・・・なかなか家に着けなかったのもいい思い出。






やっぱりホテル好きだなあ。











【マイキー&メイ】



天気がいい日は、マイキーもメイも朝からご機嫌。


朝日の中で伸び~~~~

Img_2181


このオモチチャ、

昨年の7月に鳥用にとIKEAで買ってきたもの。
一目見て、「鳥が好きそう!」と思って買ったと記事に書いてある。

その後、目に付くところに置いても全く興味を示さなかったのに、10ヶ月たった今日、いきなり齧りはじめた。


なぜ今になって・・・?!てか、これ何に使うもの?

Img_2228

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

行田のフライ

いとこのお墓参りへ。




お墓は行田にあるので、

行田と言えば、B級グルメ選手権ではおなじみの~




「フライ」sign01

Img_2221

お好み焼きよりも薄くといた小麦粉を、
厚いクレープのように焼いて、肉やネギなどの具を入れて焼いたもの。


写真のは焼きそば入りフライで、太麺の焼きそばが入ってる。
炭水化物 IN 炭水化物!すごいB級!




味は想像できると思うんだけど、
これ、むしょうに食べたくなるのよね~。
お店によって、味もソースも微妙に違う。



ゼリーフライはまた別物。
こっちは衣のないコロッケみたいな感じ。






市で作ってるフライマップのお店のうち、2店はわたしの伯母夫婦がやっている。


うちの母は4人兄弟で、4人とも商売をやってるのだけど、


叔父は青山でカレーうどんが有名な店をやっていて、
たまにテレビに出る名物大将。
その昔、ボーダフォンのポスターにもなった。



写真のフライを焼いてくれた伯母は、
まだB級グルメと認知されるずっと前から店をやっていて、
古参ということで、けっこう取材を受け、グルメ本にも載っている。




もう1人の伯母のフライの店は、死んだいとこの両親がやっている。

悲しみから立ち上がって店をオープンさせたのが昨年。


その様子がドキュメンタリーとなり、はじめは地元公民館で無料上映されていたものが、口コミでウワサが広がり、新聞にもとりあげられた。



毎回満席で見られない人が続出して、とうとう羽生のワーナーマイカルで上映されることになったのが昨年の夏のこと。



うちの母の店だけ、いまだマスコミに出たことないのよね^0^;
まあ、出る要素のない店だけど。








梅の季節sign01

Img_2191

今年は梅シロップをたくさん作るぞ!って、入れ過ぎ??


去年仕込んだ梅酒を今日飲んでみたら、おいしかったー^0^



どうしようか悩んだけど、梅干用の梅も注文した。

今年は天候不順みたいだし、仕事もあるしで、うまく土用干しできるかなぁ。






【マイキー&メイ】

2羽とも、ようやく換羽が終わってスッキリしたみたい。


マイキーの秘密基地への入り方。

初めて見たときは「おお!」って叫んじゃいましたchick

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

2010年5月26日 (水)

続・わたしって本当に

ここ2週間くらい、わたしは打ちひしがれていた。


ようやく立ち直ってきたので、


2度と同じ失敗をおかさないためにも記しておこう。

人生の教訓にしよう。(大げさ)




2つ前の記事で、ゴミ当番を忘れたことを書いた。


近所の人が、軒先に置いてあった道具を出してくれた話。


お礼とお詫びで渡したつもりのお菓子。
が、取り違えて朝食用のパンを渡していた。

しかもレシート入りだった話。

ここまでなら笑いのネタだった。

あたしって、ほんとドジだよね。てへっhappy01

って感じで。



がっ、!



この時のゴミ当番の話。
続きがあるのだ。



えーっと。
長い話です。





ゴミ当番には3種類あって、
実はこの時、3種類まとめて一気にまわってきていた。



ちょっと詳しく書くと、



前にも書いたけど、うちの地区は世帯数がものすごく多い。

集積所は歩道上なので、ゴミ用具はその都度出して撤去する。





まわってくるゴミ道具たちは、


「燃えるゴミ」 → 巨大ネット2枚。 
           掃除用のホウキとちりとりとバケツ。




「不燃ゴミ」  → 巨大ポリバケツ・乾電池入れ箱
           折りたたみ式コンテナケース2個




「リサイクルゴミ」→ コンテナ3個
             諸々を入れる巨大ネット10枚くらい?





この3種類のゴミ道具が、一気にまわってきていた。
収集所までが遠い世帯用に、台車つきで。
それこそ、小山1つ分くらいある。




いつもは1種類ずつが町内を回っていて、3つがいっぺんにくるのは、本当に稀なこと。



当番は1回だけでよく、終わったらすぐお隣にまわす。
軒数が多いから次は当分まわってこない。






旅行から帰ってきたとき、
留守だったので、玄関先にこれらの道具がデーンと置いてあったわけだけど、わたしはパっと見で、まわってきてるのはてっきり2種類だと思っていた。



よく確認しなかったのが悪かった。



だから先の記事は正確に言うと、ゴミ当番を忘れていたのではなく、うちがゴミ当番だという事実を把握していなかったのだ^x^;


だから呼び鈴を押してくれた人のことも、無視しちゃったの。。。


「ああ、あの中に燃えるゴミ当番の道具も入ってたのか・・・」

「まさか当番だとは知りませんでした、なんて言い訳できないなあ」

と思った。



でも終わってしまったことは仕方ないので、
あとの2つのゴミ当番は絶対忘れないぞsign03(≧へ≦)



と思ったら、





またあっさり忘れました。





しかも、同じ週の週末だったのに。


火曜日に忘れ、4日後の土曜にまた忘れた。


もう救いようなし!





うぅぅ。。。前の日まで覚えてたのに。




今回も前回同様に、軒下に置いてある道具を、
近所の人が出してくれたみたい。。。。



今回は、もう「ピンポン」もしてくれなかった・・・・(泣)(泣)
きっとあきれられてるんだろうな^0^;




朝、スヤスヤと寝てたら、
隣でダンナがガバっと起きて、一目散で階下へ。


その剣幕で目覚めたわたし。
起きた瞬間に、





「ああああああっ!ゴミーー!」






と瞬間的に顔が青ざめた。


時計を見ると7時。

今は明るくなるのが早いから、5時には起きて設置しようと思ってた。

なーのーにー!



もうショックで呆然として、ベッドの上で座ったまま動けなかった。
仮に動けたとしても、外に出る勇気はなかった^0^;



リサイクルゴミは、カンやビンだから、コンテナがないと大変。
一体どんなことになってるのだろう?



と、思ってると外から戻ったダンナが、

「もう誰かが出してくれてた。」と一言。


ダンナは前の日飲み会で午前様だったので、
こちらもすっかり当番を忘れてた。




「はぁーーーっ」

体育座りで顔をうずめるわたし。

どうして、どうして忘れちゃうんだろう。

前の日まで覚えてたのに、なんで???

若年性痴呆???

とか、もうため息しか出てこない。





「誰が出してくれたのか、また聞いてまわるようかな。。?」
と夫に言ったら、「もういいよ。」と言う。


でも、火曜日の時には一応お礼を言ったのに、
今回の人には知らんぷりでいいのかな。


でもでも、また近所の人に
「すいません、また忘れちゃって~テヘ♪」とか言えないhhhh



なんだかもう、何もかもがイヤになって何もしないことにした^x^;
きょうは一歩も外に出ないことにしよう。





問題は、収集車がきたら道具を回収して洗ったのち、
お隣さんに持っていかなければいけない。



こ・・これは憂鬱だ。


そしたらダンナが、わたしの落ち込みようを見て、
「全部やってあげる」とのこと。


ありがとうありがとう。
観音様に見えます。土曜日でよかったsweat01



この周辺は年配者が多く、みんな早起きでウワサ好きなので、うちがまたゴミ当番を忘れたことは、もう知れ渡っていることだろう。





で、隣の人に持っていく時に、

「妻はあわせる顔がないって言ってまして・・・」って言ってくんない?
と頼んだら、


「そんなのいちいち言うことない」と言われまして・・・
持って行ってくれるだけでもありがたいので、反論できず。


帰ってきたダンナに、
「な・・・なんて言ってた?」って聞いたら、


「ダンナさんが出て何も言ってなかった。」とのこと。



はぁ~~~。
なんかすごく疲れた。

はい。全部自分が悪いんです。

お隣さんにゴミ道具をまわしたところで、やっと人心地ついた。


そして次の日に御岳山に登ったのでした。






そして残るもう1つのゴミ当番!



これが先週の金曜日の話なんだけど、
もうね、家中にメモを貼りまくった。


玄関に!

トイレに!

パソコンに!

洗面台に!


すっかり自信喪失で、もう自分の記憶を頼れないことがわかったので書くしかない!



努力の甲斐あって、無事に不燃ゴミのミッションは達成。


意気地なしのわたしは、次の日が土曜だったので、
お隣にまわすのをまたダンナにやらせ・・・・(ゴニョゴニョ


いやね、バケツ洗うのに天気がよくなかったから、
次の日の土曜にと思ったらわたし仕事だったので・・・(ゴニョゴニョ



えっと、


何が言いたいのかと言うと、


① うちのダンナはやさしい

② 終わったことをクヨクヨしても仕方ないじゃん! 
  とは自分もよく言うセリフだったけど、あんまり効き目がないことが判明。
  (人によるけど)


③ なんでもメモしよう



ということがわかった出来事でした!

あたしのバカっ!


近所をコソコソ歩いてます。。。。

2010年5月18日 (火)

御岳山へ

いいお天気の週末。


体動かしたいね~ってことで、
御岳山(東京都奥多摩)へハイキングへ。


事前にネットで調べたら、ものすごく混むらしい。

高尾山よりこっちのほうが空いてると思ったけど、
バス、ケーブルカーともすし詰め状態の時もあるという。

少しでもそれらを避けたいので、朝5時30分に家を出た。



が、電車には同じような格好の人がうじゃうじゃ。
はぁ~。みんな御岳山に行く気がしてきたsweat01



近頃ブームの登山女子。
通称「山ガール」。

わたしもこれになりたいのshine



でも登山靴すら持ってない。
あるのはリュックだけ。

とりあえずハイキング程度の山からスタートなので、
少しずつ揃えたいな。


何冊か登山入門の本を読んだけど、
どんな山でも、雨具とヘッドランプが必須とある。


御岳山なら小学生も遠足で登る山だからいらないだろー、と思ったら、なんと、持ってきてくださいと書いてある。


限りなく使わないと思ったけど、今後の予行演習と思って、持って行くことにした。


でも、ヘッドランプはキャンプ用のが1つしかないし、
レインウエアは、上下セパレートタイプのものをと書いてあるけど、これも100均一で買ったやつしかない^0^;

ま・・まあいいだろう。

Img_2110

いずれゴアテックスのレインウエアが欲しいけど、
上下で3万円以上とかするんだよね。。。
10万円近くするのもあるけど、なんなんだあの値段は。


あと、いつ買ったかわからないサバイバルシートもあったので、
使う前提はないけど持ってくか。


念のため、三角巾とシップも持ってこう。
あと、ハチに刺された時用のポイズンリムーバーと・・・・

お。。重っ!




うちから最寄り駅の「御嶽」までは、2時間。

Img_2113



駅から登山口のケーブルカー乗り場まではバス。

フルで歩く人は、ここからバスもケーブルカーも使わずに
行けるけど、うちらは初心者なのでムリせず、今回は3時間コースを選んだ。

ケーブルカーに乗る。

Img_2115



ケーブルカーで上がったところから、山歩きスタート。

Img_2118






まずは御岳神社でお参りをして御朱印をゲット。
ここの御朱印かっこいい!

Img_2123



そして滝を目指した、山を下っていく。

意外とワイルドな道。
まわりは杉の木がたくさん。

Img_2128



5、6歳くらいのチビッコもたくさんいるし、ボーイスカウトの一団もいる。


このボーイスカウトとコースが同じで、ずっと前後して一緒だったのだけど、毎回休憩のたびに隊長が、

「非常食チェック!食べちゃだめだぞ!」

と言ってて、うちらも休憩のたびに同じように言ってマネしてた。(笑)





かなり下って着いた滝は、とーってもコンパクトなちんまりした滝でした。
でも水音が気持ちよくて、水が澄んでてキレイ!

Img_2135

このあたりの水は煮沸しないと飲めないそう。




次は下ってきた道と違うルートで登っていく。

木の根がゴツゴツしてて、自然の階段になってる。

Img_2139



天狗岩と呼ばれる岩を、鎖を頼りに登っていくと。。。。

Img_2144


天狗さまがいた!(ちっさ!)

Img_2141

これ、あっという間に登れちゃうけど、
アスレチックみたいでなかなかスリルがあります。




通称「ロックガーデン」と呼ばれるところ。
苔むした岩と、清流と緑がマイナスイオンって感じ!
「関東の奥入瀬」らしい。

Img_2152





このあともう1つ滝を見て、展望広場に戻ってお昼ごはん。

持ってきたお弁当を、この景色を見ながら食べました。
最高!!

Img_2158




なんだかあっけなく予定のコースが終わっちゃって物足りない。



なので、帰りはケーブルカーを使わないで歩いて降りることにしたんだけど、これが予想以上にきつかった。。。



アスファルトで舗装されてるんだけど、
舗装路を下るというのはものすごく足腰に負担がかかる。



なるべく負担をかけないようにと思っても、
1時間となると膝や足首が痛くなってくる。



靴の中の足も、前のめりになるため親指が圧迫されて痛いし、
指の下はすれてみずぶくれになりそうな気配。。。



途中で靴紐をしめなおし、たまに後ろ向きで下りながら(←バカ)
ひぃひぃ言いながら降りて行った。


終点が見えたときは、「やっと着いたーsweat02」と、軽く感動。

ケガもなく終わってよかったよかった。



御岳山は子供が登る山なんてあなどっちゃいけない。
実際、小さい子もたくさんいたけど、場所によってはハードだった。


自分でいくつかのコースを調節できるのはいい。


登ったところに旅館もたくさんあったので、
こういうところに泊まるのもいいなぁ。

秋は平日に1人で来て見ようかな。




実は行きにアクシデントがあった。annoy

家を出て駅まで歩いてる時、ダンナの足元からヘンな音が。

「何の音?」

「さあ?」と、しばらく歩いてたら、

「あっ!」と短く叫ぶダンナ。

なんと、靴底がベロ~ンとはがれてる(゜Д゜)!!

この靴、昔(6年前位)に買った登山靴で、
けっこう高かったのだけど、履く機会がなくて眠ってたもの。

それを昨日ひっぱり出してきて、日に干して履いてきたのだけど・・・



駅に靴屋はあるけど、朝だから開いてない。
このまま行くわけにはいかないので、家に戻って履き替えないと。

もうすぐ駅だったからタクシーを拾うことにした。

が、なにせ早朝。
運良く1台いて、よかったーと思ったら、タッチの差で他の人が・・


10分くらい待って次のがきたので、家まで行って靴を履き替え、そのタクシーで駅まで戻った。



事情を知った運転手さんが、○○分の電車に間に合いそうですよ。
と、キビキビ運転してくれたので予定の電車に乗ることができた。
感謝!


余裕をもって家を出たのが幸いした^0^;


でも、現地に着いてからじゃなくてよかった。
こんな朝早く、靴なんてどこも売ってないもんねーと話してたら、

ケーブルカー乗り場の売店で、売ってました。

「モンベル」のコーナーがあって、ザックから靴まで一揃い全部売ってた。すげー。

で、靴なんだけど、
御岳山あたりのハイキングでも、普通の運動靴じゃダメだと痛感。

とくに木の根を踏んで下るときとか、握りこぶしくらいの石のゴツゴツした道を歩くときは、足首が固定されないとバランスを崩す。
ハイカットの靴がよいです。


途中で捻挫なんかしたら、えらいことになるので、
とりあえず靴だけはすぐに買い揃えたいと思った。


お天気がよかったので、とても楽しくて新緑の緑を味わえた。


次はどこ行こうかな~。happy01




明日の筋肉痛が怖いわ。。。。

2010年5月13日 (木)

わたしって本当に・・・

自分の愚かさに自己嫌悪することしばしば。



でも、今日のそれは「あたしのバカっ!」と
地団太を踏む勢いのものだった。



先日、うっかりして町会のゴミ当番だったのを忘れてしまった。


早朝にゴミ用ネットをフェンスに設置しなければいけないのに、
当番がまわってきていること自体、すっかり忘れていた。



数日前、旅行から帰ってきたら、
玄関先にゴミ当番セットが置いてあった。


次回はウチが当番だと言うことを意味する。
留守だったから、お隣さんが置いていったのだ。

その時は、旅行の余韻と疲れから、ダンナに、
「軒下に移動させておいて~」と頼み、家の中に入ったら、もうすっかり当番のことは抜け落ちていた。




そして火曜日の朝のこと。

まだ寝ているところに、「ピンポーン」とチャイムが鳴った。

寝ぼけまなこで時計を見ると「6時30分」。
ダンナは1人で起きて、もう家を出た後だ。


「なに?こんな時間に??」と思い、
モニターで確認すると、知らないおばさんの顔が。

しかも、超ラフなかっこうでスッピンぽい。

朦朧とした頭で考えた末、
緊急性は感じられないし眠かったしで無視することにした。


もうすぐ起きる時間だけど、またベッドにもぐりこむ。
寝たいのに、なんだか外で声がする。


「あれ?やっぱり何かあったのかな?」と思い、
外からバレないようにそ~っと伺うと、


さっきのおばさんと思われる人が、ゴミネットを設置していた。



「あああーっ、あたし今日当番だったー!」



通りから軒下にゴミセットがあったのを見つけて、教えてくれようとしたのか。
ネットないと、カラスに荒らされ放題だもんなー。


どうしよう。今からでも出て行くべき?
出ていける格好じゃないけど。。。


でもでも、チャイムが鳴ってから、微妙な時間が経過してるから、
今出て行ったら、明らかに無視したのバレちゃうし。。。


うぅぅー、ちゃんと出ればよかった。と思ってもあとの祭り。



ウチのところは世帯数が多く、ゴミネットも2枚。
かさばるネットを広げ、合計8箇所を蝶々結びでゆわえつける。
けっこう手間なのだ。



見過ごさずやってもらって、本当にありがたかった。
カラスに荒らされたら、目も当てられない。





わたしが住んでる場所は、30年以上前に一斉に開発されたところ。
その時に入居した人達がほととんどなので、高齢者が多い。


そして厳しい方がとても多い^0^;
ゴミの出し方からご近所の噂話まで、みんなおしゃべり大好き。


ゴミ当番を忘れるとはあるまじきこと。
うわーん。しまったなー。


とりあえず、
わたしが今後この地域で生き残るにはどうするかを考えた。


近所付き合いは、お隣さんに挨拶をする程度。



でもこのまま何もしないわけにはいかないので、付き合いの広い両隣の人にいきさつを話して、誰がやってくれたのか小耳に挟んだら教えてください、と頼んだ。


その日の夕方には、「出してくれたのは○○さんみたいよ。」と教えてくれた。
恐るべしネットワーク。


で、今日池袋に行く用事があったので、
都内でお菓子でも買って、お礼に行くことにした。





(ここからが本題)




池袋で用を済ませた後、朝食用のパンを買おうとおもった。


「メゾンカイザーで買いたいなぁ。。
でも給料日前だからタカセにしておこう・・sweat01


池袋を知ってる人ならおわかりだが、タカセは昔からのとても庶民的なパン屋さん。
ここでも節約モードで、とってもチープなパンを買った。bread


2種類、400円。

もらったレシートをパンのレジ袋に入れた。




次はお礼のお菓子。


デパ地下に行きたかったけど、
見たらいろいろ欲しくなるし、買えないストレスも嫌だったので、駅地下構内で売ってる焼き栗にした。


栗なら年配の人にいいかなと思ったのと、
ここは前から気になってて、お値段も手ごろだったから。


「比沙屋の京やきぐり」

あまり大げさすぎてもと思ったので、
525円(7粒)の1番小さなサイズを買って、そのレシートもパンの袋に入れた。

2つの手さげがジャマだったので、エコバクにその2つを入れてまとめた。




帰りはその足で、例の「○○さん」のお宅に向かった。


同じ町会とはいえ、場所がよくわからない。
この辺かな?と挙動不審でウロウロしてたら、
「どちらかお探しですか?」と親切なおじさんが声をかけてくれて教えてくれた。


そしていよいよ。
「ピンポ~ン」と呼び鈴を鳴らして、ご本人登場。


「あ、わたし角の○○です。先日のゴミ当番の時・・・・○△□、

本当に助かりました。これ、少しですけど食べてください。」

「あらー、いいのよそんなの。気にしないで~。」

「いえいえ、本当にありがとうございました。」


と、エコバックから2つのうちの1つを取り出して渡し・・渡し・・



そう。
両者の袋はとてもよく似ていた。


よりにもよって、わたしはタカセのパンを渡してしまった。



しかもレシート入りの。

しかも超庶民的な、とっても素朴な朝食用のパンを・・・・bread
メゾンカイザーならまだ格好ついたのに・・・・。



気づいたのは家に着いてしばらくたってから。
もうね、固まっちゃいました。


今からもう1回行って事情を話し、交換してこようかと思ったけど、
けっきょくやめた。


100歩譲って、パンはまだいいとしても、
レシートががが・・・!


もぉぉぉー!
どうしてあたしはこんなにバカなのーーーーっsign02


き・・・気持ちは伝わったかなー?sweat02





栗クンには罪はないので、おいしくいただきました。
いろんな意味でおいしかったです。



わたしはこの栗を、きっと忘れないだろう。

Img_2108
いやいや、早く月日が去って、きょうの出来事は忘れたい。

人のうわさも七十五日。(泣)






【マイキー&メイ】



旅行から帰った日は、ご機嫌ななめだったメイ。

でも次の朝には元通りでよかったよかった。




秘密基地に入ったマイキー。

でも自力じゃ出られないんです。
世話が焼けるね。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

2010年5月12日 (水)

小豆島の旅 ③

小豆島の旅、3日目。帰る日。
お昼過ぎのフェリーに乗る。


お天気は晴れ。sun
今日行くところは2つ。

小豆島霊場、第七十二番奥の院「笠ヶ滝」

と、

天使の散歩道(通称:エンジェルロード)、の2つ。

笠ヶ滝は、

「霊場屈指の難所で、岸壁を鎖にすがってよじ登るという島内でも唯一の厳しい行場である。」


となっていたので、軍手持参。

かなりビビったけど、運動靴、ズボンなら登れます。
高齢者、幼児はムリだけど。
両手は必ず自由になること!




まずはウォーミングアップで、石段をどんどん登る。
先が見えない^x^;

Img_2038
誰もいなくて空気がひんやり。
朝の新緑は目にも鮮やかで、すがすがしい。




見上げた奥の院は、崖の一部と化している。
一体どうやって建てたのだろう。

Img_2049


いろはにほへとの石段を登って。。。






ラストは鎖場。

Img_2046

思ったより恐怖感はない。
ただ、支えてる棒が抜けたら怖いな~と思った。
こんな体験あんまりできないから楽しかった。

Img_2057

奥の院は撮影禁止。
岩をくりぬいて作ってあってすごいです。
なんだか原始的。



小豆島へ行ったら、ぜひここは行って欲しい!
おすすめ~。




移動中に、ついでに寄ったココ。

Img_2062

ここは滞在時間5分あればじゅうぶん。
となりが町役場なのでそこに駐車できる。


何かと言うと、小豆島の隣に違う小さな島があって、
その間の海が世界一狭いんだって。

つまり橋の右と左は違う島。

正直言って、なんの感動もない^^;
「へ。。へぇ。。」って感じ。でもギネス認定だそうですよ。


最後は「エンジェルロード」。

先日NHKでやっていた「八日目の蝉」でもここが出てたみたい。
小豆島の有名観光スポット。

Img_2068
干潮時の前後に出現する砂州を渡って、小島に渡れる。



「道の真ん中で手をつないだカップルは結ばれる」というジンクスがあるそう。lovely



そのため、ハート型の絵馬の自販機がある。
ラブーなメッセージを書いてそれが、枝にいっぱいゆわえつけてあった。
ちょっと読んじゃったw



ものすごくきれいな海。
透明度抜群。shine

Img_2083






砂州を渡って着いた小島は、波打ち際をつたって奥へと行ける。
すごくロマンチックなんだけど、打ち上げられた海草が生臭い。。。
小バエみたいのがたくさんたかってた。sweat01

Img_2080




瀬戸内の海は、なんて穏やかなんだろう。
波の音が心地よくて、心身ともにリラックスできる。




ビーチチェアでお昼寝したい気分。
そんなことしたら、道が海に沈んで帰れなくなるけど。

Img_2088

エンジェルロード、名前はちょっとアレですが、とてもよい所でした。heart04




楽しかった観光もこれで終わり。



最後を締めくくる島での食事は、


島定食(ダンナ)

Img_2094





島愛麺(わたし)
胃袋が限界値を超えたため、軽めに^0^;

Img_2095_2
島愛麺(とうあいめん)は、小豆島をもりあげるために作ったそうめんレシピで、お店によっていろんなメニューがあるそう。
このお店のは、あったかい温麺だった。さっぱり美味。


食後、フェリーの待ち時間に最後の写真をパチリ。

Img_2093

ある意味、最も小豆島らしい1枚。

二十四の瞳像と、オリーブ。

そしてフェリー、飛行機と乗り継ぎ、
無事に何もない埼玉に帰ってきましたとさ。



小豆島、すごくよかったですsign03




次は2年後を目標に、「五島列島」に行くぞ~!

(おわり)

小豆島の旅 ②

小豆島の旅、2日目の朝は予報どおりの雨。rain
ゆっくり朝食をとる。


午後には晴れるらしいので、それまで間、
「かどやゴマ油工場」へ見学に行くことに。(要予約)

Main_img1
おなじみのゴマ油。
ラベルには東京本社の住所しかないけど、すべて小豆島の工場で製造しているそう。


工場内を見学できるわけではなく、
パネルや昔の製造道具が展示してあるスペースで、係りの人が説明をしてくれる。

特に時間が決まってるわけでもないし、平日とあってかうちら2人だけ。

ただ見るだけだったら5分で帰るだろうけど、丁寧に説明されるとよく分かっておもしろい。
昔の人の知恵はすごいなぁと実感。



外に出ると、まだ雨。
ホントに晴れるのかしら。。。と思いつつお昼へ。


さっき朝ごはんを食べたばかりの気がするけど・・・^^;


旅行に来ると、食べてばかりになっちゃう。
夕食後もすぐ寝ちゃうし、それが消化されないうちに朝食。
バイキングで欲張っていっぱい食べて、お腹空かないけど欲張って昼食。。。




軽めに食べようということで、
オリーブ農家が経営しているパスタのお店に行った。


ここがとてもよかった。
「井上誠耕園」がやってる「カフェ忠左衛門」。


和製パスタとうたっているだけあって、普通のパスタとは違う。
手延べパスタだそう。
そうめんチック感じなんだけど、新食感で新鮮だった。




うす味で素材の味が濃い、ヘルシー野菜スープ。
オリーブペーストを崩しながら食べる。

Img_1985

固めのニジンの歯ごたえがいい。
ニンジンとたらこのパスタ。これまためずらしい組み合わせ。
緑なのはオリーブを練りこんであるから。

Img_1986




お昼を食べたら、雨があがって晴れてきたsun
よ~し、小豆島の有名スポットの1つ、
「二十四の瞳映画村へ」!

Img_2001




実際にあった「岬の分教場」はちょっと離れたところにあって、
ここは映画をとったセットを保存してある所。
ロケーション抜群。すぐ右はもう海。

Img_2000

田中裕子、若かったなー。
おみやげのお店がけっこうあったけど、特に何も買わず。

小豆島は石も有名なので、石の置物もたくさん売ってた。



次に行った「オリーブ公園」。
その隣には「オリーブ園」がある。(紛らわしい)

Img_1969




こっちは「オリーブ園」の名物風車。
撮影スポットで、ポスターにもよく使われている。

Img_1976



オリーブ公園は道の駅で、島内ではあと2つ道の駅がある。
「しまむら」もあったし、「ダイソー」もあったし、充実してるなぁ。

お醤油も特産で、「マルキン」と「タケサン」が2トップみたい。
いま流行のTKG(たまごかけごはん)用のや、いろんな用途別の醤油が多数ある。


醤油製造会社はけっこうあるみたいで、
どこのを買おうか迷っていたら、こんな看板があった。

Img_2011

すごく自信あり気な感じ。
入るとこじんまりとしたお店。100年経っている建物だそう。
「だし醤油」を買ってみた。食べるの楽しみー。

オリーブオイルもお醤油もそうめんも、特産物はどれも重いものばかり。


今回はリュックの旅だから、おみやげは宅配便で送るのだけど、考えて買わないと送料がすごいことになりそう。
あ、ゴマ油も買ったんだった^0^;


ガイドブックに、
「小豆島にはいろんな味のソフトクリームがあります。何種類食べられるかな?」とあったので、3種類食べてみた。

Icecream_by_3_2

★オリーブオイルソフト

★すももソフト

★しょうゆソフト

しょうゆソフト、期待を裏切っておいしい!

初めは、「うわ!しょうゆだー」って思うんだけど、
食べてるうちに、「これイケるわー」ってなって、その日の夜にまた食べたくなった。


乳製品のコクとおしょうゆが、バターしょうゆ味みたい。
書いてる今も食べたくなった。


バニラアイスに醤油かけて混ぜたら再現できるかな?!





午前中はけっこうな雨だったけど、午後はいいお天気に。
ゴマ油の知識も得て、楽しかった旅の2日目も終わり。






そして、ホテルに戻ってキレイな夕焼けを堪能した。

Img_2030





明日は、知り合いから聞いた、
鎖を伝って登っていく山岳霊場「瀧湖寺奥の院」へ行く予定。



どんなところなんだろう。。。

(つづく)

2010年5月10日 (月)

小豆島の旅 ①

埼玉生まれの埼玉育ちのせいか、海に憧れる。

中でも、四方を海に囲まれた島は特に魅かれる。

なので、貯まったマイレージで小豆島shine


鳥の世話があるので、朝は4時起き。
5時30分にリュックをしょって羽田へGo!


あまり飛行機に乗ることがないので、空港に着いただけでテンションがあがる。



いま荷物検査って厳しいんだね。
水筒の中身も手であおってニオイをかいでチェック。
お酢ドリンクとかは異臭になるんだろうか。。。


あっという間の1時間で高松空港に着。
空港からフェリー乗り場まではバスで45分。



が、途中下車してお昼ご飯。
知り合い情報で、おいしい讃岐うどんのお店へ。

Img_1914

セルフサービスのお店。
最初にうどんの種類と天ぷらの数を告げ、会計を済ませる。


その後、よそってもらったうどんに好きな天ぷらを乗せる。
天ぷらはどれも1個80円で安い!そしてデカい!


2個で充分です。
これで500円しないんだからステキです。

Img_1909
わたしはぶっかけ(濃い醤油だれをかける)
ダンナはかけうどん(あったかい飲めるおつゆ)


コシがあってつるっつるでおいしいheart01
おいしいと聞いてたけど、ホントおいしい。
朝10時という半端な時間でも人が途絶えない。


休みの日は観光客で行列らしいです。
地元の人が東京の高い讃岐うどんを食べたら怒るだろうなぁ。。。


「さか枝」。庶民的なお店です。地元の人にも人気らしい。
ガイドブックにも載ってます。
でもこの辺は、どこのお店もおいしいらしい。





早めのお昼を食べて、残り2キロは港まで歩くことに。
この時はお天気がすごくよかった。

フェリーship
片道630円。

Img_1917
外観より中身は豪華。
GW明けの平日とあってガラガラなので、長イスで爆睡^0^;


1時間で到着。


オリーブとそうめんと醤油と温泉の町、小豆島へ上陸!
わーいヽ(´▽`)/ヾnote


着いた頃はもう曇ってて、明日の予報は雨sweat02
なので、明日予定してた「寒霞渓(かんかけい)」に今日登ることに。


お天気どよよ~ん。 い・・今にも降りそう^0^;

Img_1936

この1番上に行きます。



ここは「日本三大奇勝」の1つ。
奇勝とは、奇岩奇峰の景勝地のことだって。


ちなみにあとの2つは

「妙義山(群馬県)」
             
「耶馬溪(大分県)」なのだそう。



ロープウェイなら5分のところを、山ガールになりたいワタシは50分かけて登ることにしていた。

Img_1943

足元は石で舗装されてるのだけど、サルのフンが多すぎ!
緑を楽しみたいけど、足元から目が離せなかったよ・・・
サルのフン、大きいんだ・・・



こんな感じのとがった石が、空にむかってニョキニョキはえてる。

Img_1948




50分歩いて汗びっしょりでがんばったご褒美の眺め。
雨雲どよよよ~ん。でもうれしい!

Img_1952







頂上には売店があって、さっそく最初のお買い物。

Img_1966
この3つは、この後どこへ行っても売ってた。


オリーブ茶は苦味があって、お子ちゃまには飲めないかな。
私は好きだけど。


オリーブサイダーは、言われてみればオリーブっぽい。
でもオリーブ茶との味の共通性が見つからないよー。


しょうゆせんべいは思ったより甘い。
これは値段が場所によって微妙に違ってて、2トップの会社が同じものを出してるのを後で知る。



下山は雨が降りそうだったので、ロープウェイで。
5分。あっけないなー^^;


雨に降られずにハイキングできてよかった。
1日目はこれでおしまい。



泊まったホテルは「ホテル オリビアン」。
20年経ってるとは思えないほどきれいだった。

ここに2泊なんだけど、1泊目と2泊目の夕食を変えてみた。

1泊目は、「特選 島会席」

2泊目は、「(ただの)島会席」

値段にすると、1人3,000円違う。
予算の都合もあるけど、どう違うのか見てみようということに。


で、結論としては。

島会席で充分!

料理の品数は一緒。

たしかに特選のほうが材料は豪華だけど、
島会席のほうがシンプルなだけにヘルシーそうに見えた。


残すことを知らないわたしは完食。
ウエストに食い込みすぎて、ボタンがはずせなかったのは内緒。


お風呂も清潔だし、露天風呂からは海も見える。
ゆったり贅沢なつくりのいいホテルでした。




早起きと歩いたせいで、とっても疲れてバタンキュー。



明日は。。。雨かぁ・・・・rain


雨女だもんなーsweat01

(つづく)

2010年5月 8日 (土)

外泊後の鳥の様子

2泊の旅行から帰って来た。


はじめて2日家をあけるので、
これまたはじめてペットシッターさんに水とエサの交換の依頼をした。


さて、帰宅後のマイキーとメイの様子は。。。



「ただいま~」と第一声をかけたけど、
硬直してる2羽。


てっきり鳴いてお迎えしてくれると思ったのに、
マイキーはトサカ全開でビックリ顔だし、メイは微動だにしない。


あら予想外^^;



ケージから出してあげようと扉を開けると、
マイキーはいそいそと出てきたけど、メイは固まって動かない。


「メイおいで~」と指を出したら噛まれた(゜Д゜)!!


いつもはすごい勢いで飛び出してくるのに・・・。
メイはわたしが帰ってきたら大喜びすると思ったのにー。

ショックsweat01



2泊家をあけた弊害?!
こ・・これは信頼関係が失われてしまったのか。。。



むりやり指に乗せて外に出して体重を計る。
メイもマイキーも行く前と同じ体重で一安心。



旅先からWEBカメラで何度も覗いたけど、
エサを食べてる様子が見れなかったのでちょっと心配だった。



2日ぶりに外にでた2羽。

Img_2102



部屋に出してしばらくすると、マイキーは普段どおりに戻った。
タオルを見せるとご機嫌で歌もうたった。

Img_2104




でもメイは、1分くらいたったら速攻でケージに戻ってしまった。
なんだか怒ってるように見える。。。目つきも怖い。
呼んでも出てきやしない^0^;

いじける(怒る)メイ。

Img_2103



2日目の午後にシッターさんがお世話してくれた後、
その様子を写真付きのメールで報告してくれた。



マイキーは知らない人におびえたらしく、ビービー鳴いたこと。
しばらくすると、2羽ともエサを食べ始め、特に変わりはないこと。



特に心配してたわけじゃないけど、やっぱり安心できたので頼んでよかった。



意外だったのが神経が図太そうなメイのほうがやっかいだったこと。



シッターさんが来たら、うれしくておしゃべり全開かと思ったけど、
そんなことなかったみたい。



今日は疲れたので、
信頼関係回復は明日にしよう。



お得意のおしゃべりを早く聞きたいよぅ。



お留守番ありがとう。ごめんね。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

2010年5月 5日 (水)

ペットシッター

明日から、2泊3日で小豆島の旅へ。

宿に泊まるのは1年ぶり。
2泊の旅行は、なんと4年ぶり!




鳥を飼い始めてから、家をあけることが極端に減った。



昔はキャンピングカーに乗っていたこともあって、
休みとなると、しょっちゅう出掛けてた。



でもペットを迎え、家を建てたら、
お金もなくなって、ペットで外泊は2泊が限界なわけでして。



鳥を預かってくれるところもあるけれど、
環境変化の負担を考えると、躊躇してしまう。



水とエサをたっぷり用意しても、やはり2泊が限度だろう。



で、今回は試しに、「ペットシッター」をお願いすることにした。



鍵を預け、留守中の家に入ってもらう。
今回お願いしたのは以下のこと。

★ 水とエサの交換。

★ テレビをつけ、にぎやかにする。

★ 時々、名前を呼んで話しかける。


時間は45分間。

あとは適当にイスに座って、本でも読んでいてくださいとお願いした。

マイキーは、人がいないとあまりエサを食べない。

出先から返ってくると、フンは一箇所にかたまっていて、
あぁ、置き物状態だったのねぇ。。って感じ^^;


エサが目の前にあるんだから餓死することはないけど、それでも1日家をあけて体重を計ると、3グラムくらい減ってる。


今後、鳥と長く暮らす中で、
2泊以上家を空けることもあるかもしれないと思って、シッターさんを利用することにしたのだ。


でもね、「これで儲かるのかしら?」って心配になっちゃった。


今回の料金は、ネットの割引券(1,000円)を使ったので、
払ったのは2,800円。


シッターさんは合計3回、家に来ることになる。

・事前打ち合わせ(鍵を預ける)

・実際のお世話

・報告と鍵の返却。


鳥は犬・猫と違って散歩がないとはいえ、思っていたより安いな~と思った。



落ち着いた感じのやさしそうな女性だったし、
ウチは盗まれたりするものもないので鍵を預けるのには抵抗はなし。



WEBカメラも設置していくので、旅先から携帯で姿は見れるけど、
やっぱり置いていくのは心配なのよねぇ。。。



いつかマイクを設置して、あとでパソコンで聞いてみたら
すごい呼び鳴きをしてて切なくなった。sweat01



ペットはかわいいけれど、家をあけられないのが辛い。
特に鳥は、出して遊ばせるのを他人にお願いすることができない。



マイキーとメイは平均して、1日2時間くらい小屋から出て遊んでいる。
ストレスかとは思うけど、お留守番お願いね^0^;






そうそう。

やっぱりわたしは雨女。


旅行中、予報は雨だぉー\(^o^)/







【マイキー&メイ】
マイキーの集中力はすごい。
嫌いなカメラもかまってられないんだ。

高いオモチャは見向きもしないのにー。

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

フォト

コレ、おすすめ!

無料ブログはココログ

マイキ&メイ

  • 090327_110301
    ペットのオカメインコ「マイキー」とセキセイインコ「メイ」の記録です。