« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

中が気になる

おとといの地震、長かった。。。
うちは吹き抜け構造なので、2階の寝室からも1階の音がよく聞こえる。


2羽のインコはパニックを起こしてる様子はなかったけれど、
念のためにダンナが見にいったら、マイキーは床の隅で縮こまってたそうな。


けっきょく朝までそこにいたらしく、放鳥しても冠羽が全開。(とさか。緊張や警戒時にこうなる)
怖かったんだねbearing


午前中は恐怖が抜けないのか、おとなしめ。フンも水っぽかった。
午後になるといつもの調子が出てきて一安心。メイはまったく問題なし。




きょうは特に引き出しの中が気になるらしく、、、

Img_0670





何度も何度も覗いてる。
そこへメイがきて、、、

Img_0685



メイはこのあと、
マイキーの背中に乗って飛び立つという、とんでもない嫌がらせをしたsweat01ったくー。





メイは昨年まで、与えたペレットをほとんど食べなかった。
それでも根気よく入れていたら、マイキーのマネをして食べるようになった。


しかも、マイキーとまったく同じがいいみたいで、
メイ用の入れ物よりも、マイキー用の器でだすとガツガツ食うんだわ。。。



中身は同じなのに、どんだけマイキーが好きなのーcoldsweats01

Img_0681




インコのケージにかける寝る時用のカバーを、布からフリースにチェンジ。
戸建だと、朝晩はもう寒いわ。


メイは、またポワ毛がたくさん抜けてる。風邪引かないといいけど。
人間も気をつけなきゃ。



職場でもマスクを着用し始めた。
ちょっと乾燥してくると、手がシワシワで唇はカサカサになるー。


今年も風邪を引きませんように!
もしインフルエンザになっても、自力で治す予定^o^


にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

2013年10月22日 (火)

きのうの続き

きのうに引き続き、「今、わたしが思っていること」をダラダラ書きます。
インコは出てきません。お暇な方だけどうぞ~。


「今、わたしが思っていること」と昨日書いたけれど、
肝心の、何を思っているかをまだ書いてなかった。



えっとですね、



「職場の健康診断以外の検診類は、一切受けるのをやめる」
「もし病気になっても、ガンだったら手術や抗がん剤治療はしない」


この2つのことを思ってるわけです。決めたのです。
前フリが長かったですね!ごめんなさい。



職場の健康診断は必須なので、これは仕方ないとして、
ガン検診はやーめた。


いろいろな情報や意見の中から、共感できると思ったのを選んだ結果なのだ。
ダンナにこれを宣言したら、「いいんじゃない?」と言ってくれた。


今年の5月にね、子宮内膜症の手術を受けたんですよ。
腹腔鏡手術で、卵巣の腫れてる箇所を切ったのね。



医者が手術をすすめた理由は、40歳以上で5cm以上の腫瘍あるとガン化しやすいから。
なってから切るより、なる前に切っちゃいましょう。なるかわかんないけどね。ってことだった。


手術を受けるからには、長年悩みの種だった生理痛と便秘が改善されるかもと期待した。
でも手術後も、一向に痛いわ出ないわで、なんにも変わらなかった。


でもこれは想定内で、質問した時に先生から言われていたことだった。
「生理痛や便秘の改善は、するかもしれないし、しないかもしれない」と。。。


もし症状が改善されたなら、今ここでこんな風にタラタラ書いてなかったw
で、どうしても思うわけですよ。 これって、手術受けた意味あんのかな?って。


たしかに卵巣がんの可能性は減ったかもしれないけど、ガンは他にもできるじゃない?
アンジーが乳がんになる前に乳房を切除したのは衝撃だったけど、アンジーは幼子がいっぱいいるからなぁ。



アンジーとわたしはいろいろ違うのだ。(当たり前すぎて殴られる)
いろんな考えや、いろんな選択があっていいよね。


生理痛は、低容量ピルを飲むことを提案されたけれどやめた。
鎮痛剤がよく効くので、これで閉経まで乗り切ることにする。


ロキソニンは今は薬局で買えるもんね。
だからもう、便秘薬をもらう以外はわたしは病院へ行かなくてもいいんだー\(^o^)/


と考えたら、気持ちが軽くなった。
何かが吹っ切れた!


何が言いたいのかというと、病院が嫌いだから行きませんということだった・・・!!



                                          お、おわり。        
























2013年10月21日 (月)

今、わたしが思っていること

きょうは楽しい話題ではないので、
読みたくないよーて方はスルーしてくださいませ。インコも出てきません。m(_ _)m








わたしは子どもの頃から、「死」をとても意識していて、
大人になるにつれて、それは増幅されてきた。今も増幅中。


死への願望や恐怖があるわけではなく、
死んだらどうなるの?と言うのでもなくて、どう意識?というのがうまく言えないのだけど、、、


小学生の時から、マンガやテレビで人が死ぬシーンが頭から離れなくて、
マンガだと、そこばかり何回も繰り返し読んでいた。


高校生になると、死体の写真集やビデオを見たり、
今だと、闘病記の本やブログを読み漁ったりとか。



こう書くと、単に悪趣味だな^^;
それも否定はしない。



死は体験することができないし、自分の死体を見ることもできないし、
死が現実的になった時の気持ちは、そうなった人にしかわからない。


できなかったり、わからなかったりするからこそ興味があるのだと思う。
こんな風にしか書けない。うまく書けない。





「死生観」とは    (ウィキペディアより)

死生観(しせいかん)とは、を通したの見方をいう。宗派によっては生死観(しょうじかん)ともいう。 具体的な型には

  1. 人が死んだらどうなるか?どこへ行くのか?
  2. 死後や死者をどう捉えるか?
  3. 生についての人々の考え方や理解の仕方
  4. 生きることとは何か?死ぬこととは何か?


こう書いてあった。
死の方しか見てないな。。。死を通した生かぁ。



本当はね、自分の身近な人の死生観を聞いてみたい。
なかなかそういう機会がないのだけれど。


わたしは1つのテーマでいろんな人の意見を聞くのが大好き。
自分では思いもつかなかった考え方や視点を聞くと、目からウロコが本当に落ちる。


話がそれたけど、死生観。(死観かな?)
きょうも1日考えていた。


なぜなら、身近な人に死を連想させるできごとが、立て続けに起こったからだと思う。
具体的に言うと、ガンが再発した知り合いと、きのうも救急車で運ばれた義母。




いろいろ考えて、きょう思ったこと。




いま現在、わたしには、
「どうしても生きなければならない理由」がないと言うこと。


「いま死んだら心残りは何だろう?」と考えたら特になかったw
でも、飼っている2羽のインコのことは心配。


もしそうなった時は、仕事が忙しいダンナが1人で飼うのは無理なので、
しかるべきお金を払って、「とり村」で保護してもらいたい。


願わくば、このブログを読んでくれている愛鳥家の方に引き取ってもらえたらうれしい。
心配なのはそのことだけ。



子供がいたり、達成したい目標があったり、叶えたい夢があったり、
「これがあるから今は死ねない!」というのがわたしにはない。


そう考えたら、日々弱っていく義母と自分は同じなのだなと思った。
母は長生きは望んでいない。今後は痛みやストレスを取り除くことを優先にしてあげたい。



運動嫌いで引きこもりだったのに、今さら外を歩けとか、何か趣味を持てと言っても効果があるとは思えない。イヤならやらなくていいと思う。


「そんなこと言ってたら、寝たきりになっちゃうよ?」と言われるだろうけど、何をしたってなる時はなるだろうし。イヤなことをやらされる、というストレスを与えたくない。




もっと書きたいけど、、、
公開ブログなので読む相手のことも考えてひとまずここまで。




いつかこれを読み返して、「うわ、自分バッカじゃないのー」って思うかもしれないw
でも今の自分の考えや気持ちを記しておくのは、悪いことじゃないと思うの^o^


公開ブログに記すのは、文章の推敲をすることによって頭と気持ちが整理されるから。
なるべく簡潔にしようと思うと、何を1番強く思ってるのかが見えてくるから。



全然簡潔じゃないけど・・・・



今日はこれが書きたい気分でした!




























2013年10月19日 (土)

週末のちょこっとお出かけ

行楽シーズンだし、どこか行きたいなぁと思ってもなかなか行けない。
近場をブラブラ散歩している。



先々週は、隣の市のイベントの手作り市へ行ってみた。
ずっと探してた小ぶりで軽いカップと湯飲みを発見! わ~い♪

Img_0597


最近、重い食器が苦手になってきた^^;
本の詰まったダンボールは軽々持ち上げるのだけど。。。


結婚した当初、金欠だったこともあって食器をほとんど100均で揃えた。
今思うと、分厚くて重かったなぁ。愛着もなかった。


木の器も大好き。
食洗機に入れられないけど軽くて割れないのがいい。






先週は、またまた久々のランニングで「とり村」へ。
ランに会いに行ってきた~。(ランは名付け親制度でわたしが名付けたオカメインコ)


ランちゃんは相変わらずお顔がハゲハゲだった、、、coldsweats01
(真ん中の子)

Photo



観察してると、何もしてないのにつつかれることが多い。
顔の羽根はむしられて、もう生えてこないっぽい。


首イテーなと思いながら見上げてると、軌跡がッ!
一番低い止まり木に、なんとランが下りてきてくれたーーーhappy02

Photo_2


想いが通じたのかしら?!
うれしかったよーー heart01






三連休だった先週の3日目はイベントのお手伝い。
我が市のゆるキャラ、「ゾウキリン」の運搬を担当。


ウチの黄色い車になんて似合うのかしらッ!
このまま持って帰りたいんですケドー。頭にマイキー止まらせたい^x^

Photo_3





これはウチの子。メイちゃん。
静かだなと思ったら、、、こんな所をかじってたgawk(色が変わってるところ)

Img_0653


これ、コルクの冷蔵庫カバー。そりゃーかじり心地はいいでしょう。
角はマイキーがかじるので、ダンナがモールをとりつけた。まさかその下をかじるとは、、、!



でもメイの寝姿はスーパーかわいいので許しちゃう。
この格好で、ムニャムニャおしゃべりしながら寝るのです。悶絶級のかわいさsign03

Img_0656



なんかまとまりないな。。。^o^;

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

2013年10月 9日 (水)

インコの力

近所に住む義母が、めっきり弱ってしまった。
この度、救急車騒動になったのだけど、病院ではどこも悪くないと言われた。


なのに、起き上がれないと訴える。
何かというと、無気力からくるうつ病っぽいのだ。


引きこもりで、食べたいものも、欲しいものも、行きたい所も、やりたいことも、
見たいテレビも、なーんにもない義母。(嫁入りした時からそんな感じだったのだけど。)


人間て、欲求や生きる楽しみとか気力がなくなるとこうなっちゃうんだと思った。
脳が体にうまく指令を出さないというか、なんと言うか。。。


他人とは関わらず、義父と少しの会話しかしないので喉の筋力も弱ったのか、
ささやくようにしか話せない。これには久々に会ったわたしもビックリ。


表情もなくなって、ロコモティブシンドロームで短い距離しか歩けなくなって、
だからと言って、いろいろ提案しようにもうつ病だから逆効果だし、、、。


それでも唯一誘いに乗ってくるのが、我が家へ来ること。
なぜなら、インコが好きみたいというのがダンナとわたしの見解。


話ははずまなくても、部屋に放したインコをジーっと興味深そうに目で追っている。
母の前にインコがお気に入りのおもちゃを置くと、インコ達はちゃんとそこで遊んでくれる。


キミたちわかってるの?というくらい、マイキーもメイも義母にサービスしてくれるの。
ワキワキポーズをとったり、カキカキして~と頭を下げてみたり。。。


何だかとてもうれしくて、ありがたくて、小さなインコの力は偉大だなと思った。
だから、これからは前よりもっと家に呼ぼうと思った。




ありがとうねと何度も言いたいよ。
普段はそっけないのに、義母に大サービスだったマイキー

Img_0598_2





お決まりのご機嫌ポーズ。これもやってくれたね。
義母に意味を説明したら、「へ~」って感心してた。

Img_0599






メイちゃんもありがとね。
いつも肩にチョコンと乗ってくれるのはメイだもんね。お母さんうれしいみたいだよ。

Img_0602




いよいよ介護生活が足元までやって参りました。
義父が倒れないようにサポートしなきゃな。ゲーム時間は減る覚悟で、、、、!





にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

フォト

コレ、おすすめ!

無料ブログはココログ

マイキ&メイ

  • 090327_110301
    ペットのオカメインコ「マイキー」とセキセイインコ「メイ」の記録です。