« 孔明扇 | トップページ | エアコンクリーニング »

2014年6月10日 (火)

怒りについて

今回は鳥は出てこないし、つぶやきみたいなものなので、
興味のない方はスルーでcoldsweats01
            


いろいろと考えるのが好き。
他の人はどう思っているのかを聞くのも好き。


見たり聞いたりして、考えさせられることも多い。
いいことは真似しようと思うし、逆もしかり。


きょうは、怒りについて書いてみようと思う。
今から書くのは、あくまでも私個人の場合です。


怒りを感じたり不愉快に思ったとき、わたしはどうしているか。
最近では、大抵の場合はその場では何もしない。


ワンクッション置いて、考える。
どうしてわたしは怒っているのか?何が不愉快だったのか?を自分なりに分析する。


同時に、どういう言い方なら怒らなかったのか、満足だったのかも考える。
そして自分なりの答えを出すのだけど、それを誰かに聞いて欲しくてたまらない。


そんな事を話せるのは、わたしにはダンナしかいなくて、
彼はいい人なので、わたしのくだらない日常の些細なことをいつも聞いてくれる。


「どう思う?」と自分の出した答えを言って、彼の意見を聞く。
諭されることもあれば、真逆の考えを言われることもある。突拍子のないことも。


違う視点から見る意見は、ハっとさせられることが多い。
わたしが考えつかないことだったりすると、「そっかぁ」となる。


基本的にダンナは私の怒りを静める方へ、あきらめるほうへと誘導しているように思う。
いつもその誘導に乗るわたしは、気が付けば荒かった鼻息もおさまっている。


話してスッキリすると、「アイス食べようかな」とか思って、もうどうでもよくなってたり。
ていうか、熱しやすく冷めやすい性格がこんなところにも・・・?!




前はそうじゃなかった。
条件反射で荒い言葉を投げつけて、自分の中の常識をぶちまけたりしていた。


でも年を取ると、怒るエネルギーがもったいなくなるw
怒っている時は、冷静な判断もできないしね。言って後悔する典型的なタイプだし(^_^;)

「いろんな考え方がある。この人はこういう人なんだ。」と完結させるクセもついた。
怒りの時間は少しでも短くしたいから、無理やり納得させてしまえ方式w





どうしてこんなことを書こうと思ったか。
それは、ある人のブログを読んだから。


わたしより若い人女の人が、日常を短文で綴っているブログをずっと愛読している。
いろんなことに前向きにチャレンジしていて、わたしも元気をもらっていた。


でも今日、わたしが読み始めてから、初めての怒りの内容だった。
有名な企業名を出して、質を疑うと書いていた。彼女らしくないなと思った。


ものすごく怒っているのは、短文でも伝わった。
この記事を読んで、わたしはいろいろ考えさせられたのだ。


書くことによって、気分は晴れたのか?
同調や慰めの意見によって、怒りは静まる?


自分だったらどうする?同じように書き綴る?
書くとしたら、固有名詞は出す?出さない?


考えた結果、自分は怒りの内容はブログに書かないことを決めた。
まわりの人にはぶちまけるけどw


意見があるなら、本人に言おうと思う。
本人に言えないなら、不特定多数が見るブログに書くのはやめよう。


「口は堅いけど、指が軽い人になっちゃダメだよ。」
とは、ブログを始めた時にダンナから言われた言葉。


ブログには何を書いてもいいのだから、
書くことで怒りがおさまるなら、もちろん書いてもいいと思う。





本当は、彼女のブログにコメントしようと思った。
「残念です。」みたいな内容で。


でも、思い直してやめた。わたしの意見を押し付けてはいけない。
嫌なら見るなと言われたらそれまでだしw





感情の起伏をうまくコントロールして、ストレスを減らしたい今日この頃です。
梅雨でうっとうしいしねー(≧ヘ≦)




お口直しに、かわいいインコの写真でもhappy02

Img_1299

(マイキー オカメインコ オス 8歳か7歳)





« 孔明扇 | トップページ | エアコンクリーニング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お久~。怒りね~。感情を爆発させることができる人はうらやましいよ。自分に正直だもん。ネットであれ、現実世界であれね。そういう人って怒ってそれであとは何もなかったようになる。感情をぶつけて後のことや相手のことを考えるとそうそう感情的になれない私。でも、法を犯さない範囲での怒りなら人間的でいいと思うよ。

>BENIKAさん


後の事を考えられる冷静さは常に持っていたいですね。
怒ってる時って、言葉も乱暴になるしねえ。


自分の感情に正直か、自問してみました。
トラブルを避けようと取り繕ってることが多いかも?!
うーん、よくわからないw

怒りを感じても、わたしたちはインコに癒してもらおう(*゚ー゚*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539665/59793855

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りについて:

« 孔明扇 | トップページ | エアコンクリーニング »

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

フォト

コレ、おすすめ!

無料ブログはココログ

マイキ&メイ

  • 090327_110301
    ペットのオカメインコ「マイキー」とセキセイインコ「メイ」の記録です。